2017年9月28日木曜日

ブルートゥースレシーバー

連日改良を心見ているブルートゥースレシーバーですが、どれもS/N比が満足できず、内蔵の3.0バージョンを諦めました。
現在、基盤のみの購入は3.0です。
4.0バージョンの製品が有ります。
今度は基盤でなく、受信機の完成品です。
駄目元で購入して使用した処、はるかに音質が向上しました。
そこで、本体も回路変更しました。





電源と音声信号のアースが混在するとノイズが出る事が分かっているので、入力トランスを入れてアースを切りました。
効果は抜群で素晴らしいS/Nに成りました。









これでクラシック等の音楽も全く問題無く再生できます。





しっかりした輪郭で音楽が再されます。
日々の進歩は改めて驚かされます。

2017年9月21日木曜日

かなり投稿をしていませんでしたが、今年6月に行った目黒区高齢者センターでの慰問コンサートの様子からです。







今回は、バンド編成はシンプルに成りました。前回と違って電子ドラムがバージョンアップに成り、音質もグレードアップしています。

また、前回はメインスピーカーのパワーアンプが150Wだったのに対し300Wにしました。理由はフルで鳴らした時、ボーカルが歪んではいないのですが、うるさく聞こえてしまい余裕が無くなるためです。
アンプの出力が上がった事によって、音に余裕が出来、ご覧のように参加して頂いた皆さんが楽しんで頂ける会場作りが出来ました。
新しく製作した、ミニプロシリーズのディレイも活躍しています。
前回と違いモニターも細かく分けた事によって、演奏側と会場側との音響の区分けが出来、奏者からも、会場からも評価され、
音響に携わる者として、幸せな時を過ごしました。










2017年5月20日土曜日

MP3プレーヤーの改修

MP3プレーヤーはブルートゥースレシーバーを接続できるようにして、内蔵のエキスパンダー回路でダイナミックレンジを改善出来る様にしました。






又、エキスパンダーのサイドチェーン回路にGEQを接続して、特定の周波数のアタックを調整出来るように、インサートジャックを増設しました。












更にブルートゥースレシーバー使用時に無音に成ると明らかに通信ノイズの様なものが聞こえます。
そこでDNR回路を搭載しました。












これによって高調波を押さえられたのか、とても歪感の無い落ち着いた音に成りました。

2017年5月17日水曜日

さくら祭り

4月に行われたさくら祭りは、天候に恵まれ最高のイベント日和に成りました。








桜は満開までとはいきませんが、例年の葉桜に成らず、いい感じです。






春の日差しも手伝って、大変な人出に成りました。






ライブは今まで第一公園でしたが、初めて路上で行いました。






前に予備校と病院が有り、音量に制限が有ります。前回のようにスピーカーは大型でなくスタンド式の物にしました。
ウーハー30㎝に200Wとミッドハイに150Wのアンプでマルチで鳴らしました。
エレボイSX60クラスのスピーカーですが、明瞭度が高ければ以外にも良い事が分かりました。






さくら祭りの詳細は公式サイト、宮崎台さくら祭りで検索できます。

2017年4月13日木曜日

庭の桜

今年も庭の桜が満開に成りました。














相変わらず綺麗で和ませてくれます。














去年から咲き始めた子供の桜ですが、やはり綺麗です。
日本人に生まれて良かったと思ってしまいます。

GEQの改良

製作した小型GEQに出力トランスを追加しました。











これは、PA等の現場で使用する時は、600Ωで長い距離を伝送する必要が有ります。
トランスで出す事により、負荷に対して安定して送れます。











さて、お寺ヘッドフォンアンプ大会で、使用した時ノイズが聞こえると言われました。
スイッチングACアダプターのノイズと分かったのでフィルターを入れました。
しかし、装着したら電源が入りません。調べるとなんと断線しています。
購入したばかりの新品です。違うものに交換してOKに成りました。











トランスの効果か分かりませんが、音質がキリッとしました。



2017年3月26日日曜日

BLUETOOTHアダプター再生回路の追加

 MP3プレーヤーのエキスパンダー回路を使用して、かなりの音質改善が出来ました。
これに気を良くして、アダプターのアクセス時と再生時に出るボツンノイズを軽減するミュート回路と果たして改善になるか分かりませんがバッファーアンプを追加しました。








ご覧のようにミュート用のリレーとバッファー用ICで構成しています。
今回は、ミュート用に軍用ミリタリー規格のハーメチックシールド(キャン)タイプのリレーを使用しました。
かなり前に20個、購入していたものです。
アダプターが再生動作する時にDC2V程度の電圧が出力されるので、これを利用してドライブしています。






そして、エキスパンダーが有効に動作するには、0dB程度の入力が必要です。
しかし、アダプターの出力が0dB出るにはスマホやPCの音量調整を90位にしないと出ません。
アダプターかスマホ、PCの性能か分かりませんが、音量50と90では明らかに音質が違い90まで上げると音質が悪くなります。
そこで、色付けとレベルアップを兼ねてバッファーアンプを追加しました。
バッファーICは、お気に入りのレイセオン社のミリタリー規格セラミック製の4558Cです。
音質がふくよかに成りデジタル臭さが消されます。






ノイズも目立たなくなり、狙った通りの音質に成り、大変満足できる再生が出来ます。
ワイヤレスは使い方によってはとても便利です。